WEBバナーはキャッチコピーでクリック率が変わる

WEBバナーはキャッチコピーでクリック率が変わります。興味を引くキャッチコピーを使用することはバナーデザインと同じように大切だということです。

例えば、コンパクトに収納できる折り畳み椅子特集というキャッチコピーと初めての一人暮らしに最適、職人さんがおススメする万能椅子特集といったキャッチコピーとではどちらがいいでしょう。前述もある程度は椅子の性能を示していて、それなりにアピールにはなっているとは言えるでしょう。ですが、後の方がクリック率は高くなると考えられます。というのは、使い方の具体的なイメージが湧くのでそうした椅子を求めている人がクリックして中を見に来てくれるからです。

クリックという一手間をバナーデザインで後押し

WEBバナーでクリックされる特徴というのはわざわざクリックしてでも中を見たいと思わせることが必要になるわけです。このクリックというのは非常に面倒な作業です。興味のないモノやわざわざ見に行くほどでもないものをクリックするほど人は暇ではありません。興味があるモノだけクリックされるという考えるわけです。ですから、WEBバナーは

視聴者に興味を持たせることが出来るようにすることが大切になるわけです。この興味を持ってもらうということを勘違いしている人が多いのです。興味を持ってもらうことと、商品やサービスの特徴を説明するということとは違う事です。説明すると立場が自分サイド即ちサービスを提供する側で話をすることになりますが、興味を持ってもらうとなると、視聴者の立場で説明するようになります。ですから、この商品にはこうした特徴がありますという説明ではなく、この商品はこういった人たちが使うといいですよという、より具体的な使い方、使われ方の解説になっていくわけです。視聴者の興味を惹くキャッチコピーを作るコツは視聴者目線で考えるようにすることです。そうするとキャッチコピーの適切さも理解できるようになってくるでしょう。要はそのサービスを利用する人の立場になって考えることです。

ホームページの制作依頼 - 大阪を中心にホームページの制作を行っています