カーラッピングで、営業車を宣伝カーにしよう

カーラッピング2社用車はシンプルな形状であるが故に業種に限らず利用する事ができますが、汎用性が高いため差別化を図ることが難しいという側面もあります。オリジナリティを持たせるためにはボディに対して会社のロゴを作るのが訴求力が高くて有効的ですが、一度行うと変更ができないので柔軟性に欠けるといった悩みが生じます。そこで生み出されたのが、悩みの種であった簡単にデザインが変更できないという問題のみを解消させたカーラッピングという技術です。

カーラッピングとは

カーラッピングは特殊フィルムにインクジェットプリンターでプリントアウトし、完成した物を社用車に貼り付けてまるで塗装を施したように見せるという加工です。ドアやボンネットといった一部に行う事ができる一方で、社用車を全体的に覆い尽くすようにフルラッピングさせられるのも魅力です。

社用車と言えば当然会社の営業担当者などが運転してクライアントなどに向かう事になりますが、会社は定期的に新しい製品やサービスを生み出すので塗料を使った塗装では新たなるプロダクトが発売された時に対応できません。

しかしカーラッピングなら新製品が登場したら古いラッピングを剥がし、新デザインをプリントアウトして貼り付けるだけで対応可能になります。こうしたカーラッピングを手がける際はプリンターに接続されたコンピュータに対してデータを打ち込み出力するのですが、とても自由度が高いのでロゴが複雑でも妥協することなく完成させられますしフルカラーなので色鮮やかで実物と遜色ありません。

多彩なデザインにも柔軟に対応

そしてカーラッピングのために使うソフトウェアはグラフィックデザインを実行したり写真を編集するためのソフトと連携させられるので、必ずしもグラフィックを作っていくだけではなくデジカメを使って撮影した画像データをそのままカーラッピングにする事も可能です。すぐに剥がせるので印象を重要視していて社用車を新しくする機会が多いという企業でも、車両価格を下げずに下取りに出せて安心です。