フライヤーの制作を外注する際にかかる期間

フライヤーの制作を外注に出す場合には、事前にどれくらいの期間がかかるのかを考えて、余裕を持って依頼する必要があるでしょう。まずはフライヤーデザインと印刷を外注した場合には、多くの場合2週間から3週間ほど見ておけば、自分が求めるクオリティーのものを制作してもらうことができるでしょう。デザインと印刷の両方を依頼した場合には、デザインの工期により納期が左右されるといえます。デザインに自分がどれだけのものを求めるのか、最初にどの程度のアイデアを用意できるのかなど、依頼する側の努力によっても変わります。もしも膨大な数の印刷を依頼する場合には、事前に印刷にどの程度の期間がかかるのかを確認しておきましょう。

 

もしもフライヤーデザインのみを外注した場合には、1日から2週間以内に見積もりができあがるでしょう。文字だけやイラストをポイントで使うような簡単なデザインであれば、1日から3営業日、複雑なデザインを依頼するのであれば1週間から2週間程度は見ておくと安心です。ここで注意したいこととして、要素が多ければ多いほど、修正を依頼すれば依頼するほど、どんどん納品日は延びることになります。期日に余裕がないようであれば、自分である程度準備したうえで、どのようなものを制作したいのかを明確に伝えることにより、納期をある程度短縮することができるでしょう。