ロゴマークのデザインの作り方を知っておこう

会社や作品のタイトル、アイドルやバンドのグループ名など現代社会では沢山のロゴであふれている状態です。特に企業名を示すロゴマークは、ただの記号ではなくそれが一種の戦略として存在しているので、より大きな意味を持っています。CI戦略といって、ロゴにその会社の理念などを込めることによって社内外の人の認識を一致させているんですよ。つまり、自分が所属するロゴマークの意味すら説明できないようではだめなのです。

 

それだけ重要な役目を背負っているロゴマークですが、どうやって企業理念を表現していて分かりやすさもあるデザインを作ればいいのでしょうか。作り方としては、そのロゴが表現するストーリーを考えることです。同じ会社でもIT企業や化粧品メーカー、食品メーカーなどでは伝えたいことも経営理念も全く違いますよね。何を伝えたいかを明確にするのです。

 

ロゴマークのテーマカラーに着目するのも作り方の基本です。シンプルに黒一色で構成されたロゴマークも数多く存在しますが、どのような色を使うかということも企業のイメージや伝えたいテーマに大きく関わってきます。それからスマートフォン用のアプリにした時に分かりやすいかどうかもこれからは考えた方がいいですね。