WEBバナーをデザインする時のポイント

WEBバナーのサイズを意識したデザインをする

バナーは大々的に表示される全面広告などに比べると極めてサイズが小さいので、いかに限られているスペースにて目立つバナーデザインが講じられるのかが重要になります。また、デザイナーとして活躍し始めてからまだ日が浅い方などは設置して頂けるクライアントなどの事を考慮してレイアウトを乱さないように無難な様相にする傾向がありますが、サイトに溶け込むデザインはNGです。

ただし悪目立ちしてしまうのは良くないので強弱を意識して、文字列な情報といった要素を整頓して一目でどういった選択肢があるのかがわかるようにしてください。そして実際にデザインを開始する時には始めから取捨選択するのではなく、既に完成形として存在している背景などに候補になっている文字列を全て載せてしまいましょう。同じ文言だとしても他のソフトウェア上で目にする物とバナーの上で見るものは感じる印象が大きく違うので、全体像を見渡して目につくフレーズだけを残していきます。その時点では全ての文字サイズが同一ですが、主題などその中で重要性が高いフレーズを他の物よりも一際大きなサイズに変更しつつ日付や付加情報などは平均よりも小さくします。

バナーデザインはレイアウトも重要

まだフォントカラーを設定していない状態ではあるものの、サイズ感を変更するだけで複数の情報が狭いスペースに集められていたとしてもすぐに何を伝えたいのかがわかるようになります。続いて配置する所を選定していきますが、チラシをデザインする場合は左揃えにするべきなのですが目立つバナーデザインという観点では中央揃えで固定してください。

上下左右に同じ幅の空間が生まれるので額装しているようなイメージに仕上がりますし、ベースとして使われている画像などが隠れてしまわずに見えるようになります。配置が完了したら骨格となる部位が完成したのも同然であり、最終工程としてフレーズの背後を黒く塗りつぶして白抜きの文字にしたり罫線にすると大人っぽい目立つバナーデザインにできます。

看板デザインの制作依頼

店舗の看板作成はお任せ

WEBバナーデザイン依頼

WEBバナー/Facebookカバー作成

カーラッピングのデザイン作成依頼

車広告/カーラッピングの企画制作

広告デザイン会社

広告制作はAMIX

失敗しない広告デザインを作るには

商品やサービスを魅力的にアピールし、売上げや成約数を上げるうえで広告デザインを活用することは重要です。しかし専門家の助けを借りることなくデザインを決定し、メッセージを効果的に訴求させるのは至難のわざといえます。このような事情により、製作会社に依頼する方は数多いと言えます。さすがは広告のプロ、パンフレットやホームページなどの情報をまとめ上げて、キレイな意匠の広告を納品してくれます。しかしきれいなだけで、それが集客につながるかは別問題。

カーラッピングで、営業車を宣伝カーにしよう

社用車はシンプルな形状であるが故に業種に限らず利用する事ができますが、汎用性が高いため差別化を図ることが難しいという側面もあります。オリジナリティを持たせるためにはボディに対して会社のロゴを作るのが訴求力が高くて有効的ですが、一度行うと変更ができないので柔軟性に欠けるといった悩みが生じます。そこで生み出されたのが、悩みの種であった簡単にデザインが変更できないという問題のみを解消させたカーラッピングという技術です。

お店の看板をデザインする時の注意点

お店の看板はお店の顔とも言える存在です。その為に看板デザインを選ぶ際にはいくつか注意が必要です。まず一度作ると簡単には変えられないので、思いつきでデザインを決めてはいけません。いくつか候補を出してどれがより良い物なのか選ぶ必要があります。更にデザインを決めても周りの風景と同化していないか?確認する必要があります。どれだけ良いデザインの看板を作っても同化してしまっては目立たなくなるので、人の目に留まりません。その為に風景とは違う色使いを選んで、同化しない様にする事が大切です。

WEBバナーはキャッチコピーでクリック率が変わる

WEBバナーはキャッチコピーでクリック率が変わります。興味を引くキャッチコピーを使用することはバナーデザインと同じように大切だということです。例えば、コンパクトに収納できる折り畳み椅子特集というキャッチコピーと初めての一人暮らしに最適、職人さんがおススメする万能椅子特集といったキャッチコピーとではどちらがいいでしょう。前述もある程度は椅子の性能を示していて、それなりにアピールにはなっているとは言えるでしょう。ですが、後の方がクリック率は高くなると考えられます。